ダークマリナーズ(メジャーリーグ情報)

MLBについてのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

今度は王建民が怪我

http://newyork.yankees.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20070323&content_id=1856153&vkey=spt2007news&fext=.jsp&c_id=nyy

王建民がhamstring(大腿部の裏)を痛めたらしいですよ。
先日のペティットの腰痛に次いでのアクシデント。

ヤンキースの場合、ブルペンが盤石ですし、先発も、何人か怪我しても替わりがいるような状態。
打線の得点力が(レギュラーシーズン限定なら)凄まじいのも言うまでもありません。
だから、まあ怪我人続出で丁度面白くなるんですけどね。

王建民の怪我が仮に重いとこれは結構戦力ダウンです。
他の投手なら、替わりのピッチャーと大差ないですが、王建民だと、替わりのピッチャーとの力量差はかなり出てしまう。

2005年のレギュラーシーズンの時にキャッシュマンがやりくりしながら何とか優勝した時は、すごい展開でした。
前半投げていたパバーノが如何にも駄目なピッチャーという雰囲気で、その後怪我でいなくなるし、ジャレットライトもダメ、ケビンブラウンはDL入りしてくれているのが有り難い状態。
ダリルメイ、レディング、ライター、とか色々獲ってきて、ボロボロの状態の中、チャコーンとスモールの活躍で持ち直しましたが、終盤にレッドソックスが負けてくれないため、併走状態で進んでいって、最後の最後に優勝したのは、ヤンキースらしからぬエキサイティングなレギュラーシーズンでした。
あの時は中地区のインディアンズも追い上げてきたため、ワイルドカード争いも熾烈な状況でしたから、そういう意味でも真剣勝負感が凄かったです。

2007年の東地区は、なんか優勝争い的にはつまらないという気がしてたんですが、ヤンキースがもたつくと、面白くなるかもしれません。

中地区は4チームが強い状態なので、潰し合いでワイルドカードのラインが下がってしまう懸念もあるのですが、場合によっては、2007年の東地区は面白いのかも?
事前の予想ではヤンキースの一人旅で優勝みたいな雰囲気だったんですが、どうなるか。

まあヤンキース一人旅状態になっても、レッドソックス、ブルージェイズと、中地区のチームでのワイルドカード争いは楽しめるかも?というのはあります。
スポンサーサイト

  1. 2007/03/24(土)|
  2. メジャーリーグ情報
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら(言及リンクのないトラバは受け付けていません)
http://darkmari.blog79.fc2.com/tb.php/1054-d74de60e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。